自覚的な健康観と心臓疾患

女性の狭心症や心筋梗塞など心血管系のイベントの予測因子として、自覚的な健康度が重要であるという論文が、Psychosomatic Medicine 誌に掲載されました。

http://www.psychosomaticmedicine.org/content/72/6/549.full

女性は特に自身の身体の健康度に対する感覚が鋭いのか、男性でもそうなのかはわかりません。今回の研究では、自分で感じるものは結構当たっているかも、ということでしょう。

自分がいま健康なのか、そうでないのか、調子がいいのか、疲れているのか、からだに対する正しい感覚を持つことは、健康を維持する上でとても重要です。からだについての感覚がおかしくなった状態を、アレキシソミア(失体感症)といわれることもあります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です