明在と暗在の心身プロセス

WinterMcGill_201402感情や気分が身体にどのように影響するか、これは心身医学の「心から身」の問題として重要です(もちろんその逆「身→心」も重要です)。

こころとからだは切り離せない表裏一体の関係なので、影響するのは当然ですが、その影響の仕方に、①明在的なプロセスと、②暗在的なプロセスとがあります(Lane 2008, Psychosomatic Medicine など)。

①明在的なプロセス(Explicit Emotional Process)は、どちらかというと意識上のもので、抑うつ、不安などのネガティブな気分が、身体によくない影響を及ぼす、というものです。比較的わかりやすく、いろいろな研究によるエビデンスがあります。

その一方で、
②暗在的なプロセス(Implicit Emotional Process)は、どちらかというと意識下のもので、ネガティブな気分に気づいたり表現したりすることが妨げられたとき、身体によくない影響を及ぼす、というものです。 こちらは表面からはわかりにくいため、なかなか証明が難しい面もありますが、心身医学ではこちらが重要です。

この2つは一見矛盾しているようにもみえます。ネガティブな感情は抑えるべきなのか、表現すべきなのか。普通の社会生活を送っていると、迷うことも多いのではないでしょうか。

Fennel_201402‘Fennel’ の上の部分は、いい香りがしてハーブとして使われますが、下の部分は独特のおいしさがあり、野菜としてシチューなどに使われます。

ちょうど上の部分は①のプロセス、下の部分は②のプロセスに譬えられるのではないでしょうか。確かにハーブとしてのFennel もいいのですが、野菜としてのFennel もなかなかに味わい深いです。

Fennnel の下の部分がなければ、上のハーブの部分は絶対に出てきません。暗在的なプロセスは心の構造の根っこにあたる根源的なもので、からだとも関係が深く、とても重要です。

心身の健康を保つ上で鍵になる、この部分をみながらアプローチするのが心療内科の特徴の一つと考えています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です