アレキシサイミア(Alexithymia: 失感情症)

DSC00043ひとの気持ちはわからなくても、自分のことはよくわかっている。そう思いますよね。

でも、自分がどんな感情をもっているか、意外と気づかないこともあるのです。心身医学では、自分の気持ち(感情)がわかりにくい傾向を
「アレキシサイミア(失感情症)」
といわれます。

たとえば、誰かに嫌がらせをされて腹が立つ感情(怒り)を抱いていても、それを認めたくないなど否定したい気持ちや、表現しにくい社会的な状況などによって、その気持を無意識のうちに抑えこんでしまうことがあります。

それが知らず知らずのうちに積もり積もって、心が悲鳴を上げることがあります。感情がちゃんと言葉のレベルまで上らなかったり、表現できなかったりすると、からだの症状として表現されることもあります。これが、心身症における、身体症状に心理的な因子が関与する機序の一つと考えられています(もちろん、心身症の機序はこれだけではありません)。

自分の気持ち(感情)を知るということは、自分を知る第一歩。
自分の中の、いろんな部分のコミュニケーション(つながり)をよくすることは、ストレスに対応する上でも重要なことです。

LINK
アレキシサイミア(失感情症)
アレキシソミア(失体感症)
アレキシソミア研究会


アレキシサイミア(Alexithymia: 失感情症)” への3件のコメント

  1. ピンバック: alexisomia

  2. ピンバック: 言葉にすること / verbalization - MIND-BODY THINKING BLOG - こころとからだの対話 -

  3. 私は、心身症があります。長い間辛い思いをしてきました。表現もできなく心が固まっています。失感情症だとわかりましたが、まだ解決法がわかりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です