Rita Charon とナラティブメディスン

narrative-medicine-charon-rita

Whole Person Care 国際学会では、何人かの著名なspeaker の講演もありました。
その中で特に印象に残ったのが、Narrative medicineの草分け、Rita Charon の「語り」でした。

Rita Charon
http://en.wikipedia.org/wiki/Rita_Charon

‘Narrative Medicine’について
http://en.wikipedia.org/wiki/Narrative_medicine

JAMAの論文
http://jama.jamanetwork.com/article.aspx?articleid=194300

その内容が素晴らしかったというよりも(それもよかったのですが)、その語り方、雰囲気、ボディランゲージなど、いわゆる「非言語的なところ」に感銘したのです。

メラビアン(A.Mehrabian)によると、言語がメッセージに占める割合はわずか7%、トーンやボディランゲージなど非言語的な要素が93%にもなる、という研究がありますが、納得しました。

一般に、欧米の人達の話し方はどちらかといと早口で、ボディランゲージもかなり使いますが、それをかき消すかの如く、まくしたてるような話し方をする人もあります。
実際、他のspeakerの講演はどちらかというとそれに近く、知識を刺激されて勉強になったり、感銘したりもするのですが、なぜか後になって印象に残ったのは圧倒的にRita Charon の話(語り)でした。

静かに、ゆっくりと、心に染み入るような、魂に語りかけるような話し方、といってもそれこそ言葉で伝えるのはむつかしいですが。彼女は普段から患者さんと話すときも、そういう聞き方や話し方をしているからこそ、人を動かすこともできるのでしょう。

とはいえどんなことを話していたのか。Narrative Medicine には3つの重要な要素があると…。

attension 記録や動きを止めて、ただ話に注意を向けること。
representation それを「描写」すること(記録やコピーではない)。
affiliation 結びつくこと?これは最終ゴールで簡単ではない。

こういう話し方や聞き方は、何も特別なことではありませんが、それでも一朝一夕にできるものではないでしょう。
それはその人の生き方そのものが反映されるから。
それでも、人の話を聞いたり、話したりするときに、心がけようと思いました。

1st Congress on Whole Person Care (WPC国際学会)

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です