Category Archives: Information

スタッフ・研修生の募集

 

リラクセーションスペース蓮の、スタッフ及び研修生を募集します。
ご不明な点などあれば、お気軽にお問い合わせください。
いずれも、定員に達し次第、締め切らせて頂きます。
(当施設のクライエントは、医療機関から紹介の心身症の方が約8割です。)

 

本年度の募集は終了いたしました。

蓮の活動に興味のある方は、心身医学レクチャー

にご参加下さい。

 

1) バイオフィードバック/心理セラピスト研修生

2) ボディワークセラピスト候補生 

募集人員:計約2-3名程度

詳細は下記の通りです。

 

1) バイオフィードバック/心理セラピスト研修生

  当施設のメインセッションであるバイオフィードバックセラピスト、及び心理セラピストとして活躍して頂くことを目指す、研修生を募集します。

<研修場所> リラクセーションスペース蓮又は関連医療機関(大阪府)

<研修日>
月曜日10:30~16:00 火曜日10:00~16:00 木曜日13:00~16:00 (大学病院)
土曜日:9:30~16:00 (月1-2回、蓮)


<研修内容>

・当施設及び、関連医療機関(心療内科)において、主に心身症の方を対象とした、心療内科医によるストレスアセスメント・バイオフィードバックセッションの陪席、ケース検討(ミーティング)、心身医学レクチャーへの参加などを通して、セッションの基礎になる心身医学と、心療内科におけるバイオフィードバック(こころとからだの対話)について学んで頂きます。

・研修は通常1年間を予定しています。終了後はリラクセーションスペース蓮におけるバイオフィードバックセラピスト・心理セラピストとして勤務して頂きます(非常勤)。関連医療機関でのセッションも担当できます。

・当施設では、バイオフィードバックはクライエントの数が多いため、いくつかのメリットがあります。興味のある方はお問い合わせ下さい。
・バイオフィードバックについてホームページ, コンセプト, バイオフィードバックをご覧下さい。

・研修の進み具合に応じて、半年後くらいから、各自セッション(下記)を行いながらの研修になります。

<バイオフィードバック及び心理セッション>
・月曜日~土曜日 10:00-19:00 のうち、部屋の空きとセラピストの都合により、調整します。
・行って頂くセッションの種類、時間、価格などは力量や経験によって異なります。
・セッション価格の7割(現時点)が手当となります(交通費を含む)。
 (例:1hr,6000円ならそのうち4200円が手当)

 

<おもな条件>

・上記日程のうち、半分以上参加できる方を優先しますが、曜日時間は相談に応じます。

・蓮が開催している心身医学レクチャーに参加(土曜日、2ヶ月に1回程度、10:00-15:00)。

・スタッフミーティングへの参加(現在は月曜日18時~/ 2ヶ月に1回)。

・土曜日のケースのアシスタント(月に1-2回程度、クライエントへの応対・記録など、研修を兼ねる)については、研修手当として、原則として1ケースにつき1300円 (交通費を含む)支給。

・平日(上記)に関連病院で週1~2日、ケースのアシスタント、陪席。

・心療内科、心身医学的アプローチ、「からだ」の視点を用いた心理療法、バイオフィードバックに関心があり、下記のHPをご覧になって内容に興味がもてる方。
・心理系の院生・研究生、心理士、代替医療のセラピスト、コメディカルスタッフなどの方で、セラピストの視点に立てる方。
・臨床心理士、各種セラピスト、コメディカルなどの資格があればベターですが、意欲があれば必須ではありません。

 

2) 登録ボディーワークセラピスト

リラクセーションスペース蓮でご予約が入った時に、ボディーワークを行う、登録セラピストの候補生を募集します。

実施場所:リラクセーションスペース蓮

勤務日・条件:月曜日日~金曜日 10:00~18:00
       登録シフト制ですので、ライフスタイルに合わせて勤務できます
       関連医療機関からのクライエント(主に心身症)が主です
   ・セッション価格(自由設定)の7割が手当となります(現時点の比率、交通費を含む)。
    (例:1hr,6000円ならそのうち4200円が手当)

応募資格: ボディーワーク経験者
         リラクセーションスペース蓮のコンセプトをご理解いただける方

対象:
・蓮が開催している心身医学レクチャー(土曜日、2ヶ月に1回)に参加できる方
・2ヶ月に1度スタッフミーティングに参加できる方(現在は月曜日、18時~、2ヶ月に1回)
・心療内科、心身相関、心身医学的アプローチ、心理療法に関心がある方。
・初めの半年間~1年間は、バイオフィードバック/心理セラピスト研修生と共通の研修を受けて頂き、心身医学の基礎、心療内科における臨床的な基礎を習得して頂くのが望ましいです。

 

応募方法(共通)

応募希望者はお名前・連絡先・申し込み動機など記入の上、メールにてご連絡下さい。

*いずれも詳細、ご不明な点などはメールでお問い合わせください。

*ひとまず見学をしてから決めることも可能です。

*面談等にて選考させて頂きます。

 

セラピストの声

心身医学レクチャー

 リラクセーションスペース蓮

MIND-BODY THINKING.COM-こころ・と・からだ・の対話-

 

第15回 心身医学レクチャーのお知らせ

第15回 心身医学レクチャーのお知らせです。

「アートセラピーと心身医学」
2011年3月12日(土)

レクチャー   10:00~12:00 (神原憲治) 午前の部:3000円

ワークショップ  「”私”と向き合うアートセラピー」

                    13:30~15:00 (李 承喜)  午後の部:1000円

昼食は途中で皆で食べに行く予定です。(各自負担)

場所:リラクセーションスペース蓮(http://bodythinking.net/map.html

お問い合わせご予約は こちらまで

皆様のご出席お待ちしています。

心身医学レクチャー担当 吉村ひとみ

第14回 心身医学レクチャーのご案内

第14回 心身医学レクチャーのお知らせです。

「ボディワークと心身医学」
2011年1月8日(土)

レクチャー   10:00~12:00 (神原憲治) 午前の部:3000円

ワークショップ 13:30~15:00 (中畑美穂) 午後の部:1000円

  Purposeful Touch ~あなたの人生を変える体験~
  「ふれることについて」

 

昼食は途中で皆で食べに行く予定です。(各自負担)

於:リラクセーションスペース蓮(http://bodythinking.net/map.html

お問い合わせご予約は こちらまで. 

第四回 「21世紀統合医療フォーラム」 - 心身医学と一人称のからだの出会い –

第四回 「21世紀統合医療フォーラム」– 心身医学と一人称のからだの出会い – 


「一人称のからだと関係性」

 
 
 「21世紀統合医療フォーラム」は、西洋近代医学の枠組みに対する、根本的な視点の転換を前提とする統合医療の実践に、東洋と西洋の「一人称のからだ」の探求(※)がどのように貢献できるか、その可能性を探ることを目的に開催されます。心身医学に従事する医療者や、ホリスティックな看護、介護、心理療法の専門家が、日本で行われる優れた「一人称のからだ」の探求の実践を自ら体験し、その体験を踏まえて、患者や医療者自身の「身」にアプローチするうえでの様々な問題点、あるいは今後そうしたアプローチを医療現場に導入して行くために何をすべきかについて対話を行います。
関西医科大学で行うこの第四回では、これまでの対話を踏まえ、改めて一人称のからだとは何かを明確にし、欧米で生まれたソマティクス・ボディワークが日本で果たす役割について議論していきます。また、摂食障害の治療を中心に、一人称のからだと関係性についての議論を通じて、心身医療の現場で一人称のからだの実践がどのような役割を果たせるかも探ってていきたいと思います。
(※) 「一人称のからだ」の探究= :動きや感覚、呼吸などを通し、自らの心身を内側から探るアプローチの総称。西洋では、Somaticsと呼ばれる。
詳しくはこちらまで↓

第13回 心身医学レクチャー 日程のご案内

第13回 心身医学レクチャーのお知らせです。

「心身医学と箱庭療法」(仮)

2010年9月25日(土)

レクチャー   10:00〜12:00(神原憲治)

        於:未定

ワークショップ 13:30〜(今西 彩)

        於:関西医科大学滝井病院(本館5階 心理室)

          http://www.kmu.ac.jp/takii/

詳しい詳細はまた後日掲載させていただきます

お問い合わせは RelaxationSpace蓮 <mind@bodythinking.net> まで


マインド・ボディ・ワークグループ(全4回)

心身医学レクチャーの午後から行うワークショップから引き続き、全日程参加できる方を対象としたグループワークをご紹介します。
ご興味のある方はご参加お待ちしております。

マインド・ボディ・ワークグループは、ワシントンDCのスラム街に住む若者で、慢性的な病気を持つ人や、医学生を対象とした「グループでのサポート」、「健康管理」のモデルとして開発されました。このモデルは、考えや感情(Mind)と体(Body)の間には切り離せない密接な関係があるという科学的な根拠を元に、体験的なワークをグループで行うことを通じ、「健康管理」と「自身の気づき」を促すことを目的としています。現在では米国の15の医学部で使用され、医師・看護婦、心理療法家、ソーシャルワーカーや、マッサージやカイロプラクティック等の代替医療に関わる方々に注目されています。

於:リラクセーションスペース蓮
定員:6~12名(全日程参加できる方)
対象者:ストレスや症状を軽減したい方、健康状態を維持したい方
     マインド・ボディ・ワークグループのコンセプトを学びたい方

6月12日(土)
13:00-18:00 マインド・ボディ・ワークグループ1
6月13日(日)
13:00-18:00 マインド・ボディ・ワークグループ2
6月19日(土)
13:00-18:00 マインド・ボディ・ワークグループ3
6月20日(日)
13:00-18:00 マインド・ボディ・ワークグループ4

参加費:7000円(4日間)

グループの中では、プライバシーが守られ、相互が尊重される参加者にとって”安全”な場所を確保することから始まります。
その後、いくつもの体験型のワークを行い、参加者に自身の内面的感情の変化や体への気づきに焦点をあてていただきながら、グループとして体験したことを分かち合います。
体験型のワークでは、メディテーション(黙想)、自律訓練法、簡単な体を動かすエクササイズ、呼吸法、アートワーク、バイオフィードバック、家系図の作成、想像力を使ったワーク、食べ物との関係など、科学的根拠に基づいたCMBMのコアとなるワークを行っていただきます。

●参加者の声●
・うつや不安が減り、生きやすくなった
・慢性的な病気や痛み、ストレス、うつや不安などに対処するための手軽な方法を学ぶことができ、 生活に活かせるようになった
・免疫力を高め、症状を軽減できた。
・症状が軽くなり、生活の質が向上した。
・以前よりも楽にストレスや病気などに対応できるようになった

 

ファシリテーター:白井 珠美
プロフィール:学習院大学文学心理学科88年卒業。キャリアカウンセラー。日米の企業で人事の業務 に携わった後、自身のけがをきっかけに米国でマインド・ボディ・メディシンと出会う。現在Saybrook UniveristyのMS Mind Body Medicineに在学中。

ご予約&お問合せtamamishirai@rocketmail.com

 

スタッフ・研修生募集

=========================================================

 →定員に達しましたので、募集は終了させて頂きました。

  多数のご応募ありがとうございました。

  次回の募集は、2011年2月頃の予定です。

  蓮の活動に関心をお持ちの方は、心身医学レクチャーに是非ご参加ください。
=========================================================

 

リラクセーションスペース蓮の、スタッフ及び研修生を募集します。
ご不明な点などあれば、お気軽にお問い合わせください。
いずれも、定員に達し次第、締め切らせて頂きます。
(当施設のクライエントは、医療機関から紹介の心身症の方が約8割です。)

 

1) バイオフィードバック/心理セラピスト研修生

2) ボディワークセラピスト候補生 

募集人員:計約2-3名程度

詳細は下記の通りです。

 

1) バイオフィードバック/心理セラピスト研修生

  当施設のメインセッションであるバイオフィードバックセラピスト、及び心理セラピストとして活躍して頂くことを目指す、研修生を募集します。

<研修場所> リラクセーションスペース蓮又は関連医療機関(大阪府)

<研修日>
月曜日10:30~16:00 火曜日10:00~16:00 木曜日13:00~16:00 (大学病院)
土曜日:9:30~16:00 (月1-2回、蓮)


<研修内容>

・当施設及び、関連医療機関(心療内科)において、主に心身症の方を対象とした、心療内科医によるストレスアセスメント・バイオフィードバックセッションの陪席、ケース検討(ミーティング)、心身医学レクチャーへの参加などを通して、セッションの基礎になる心身医学と、心療内科におけるバイオフィードバック(こころとからだの対話)について学んで頂きます。

・研修は通常1年間を予定しています。終了後はリラクセーションスペース蓮におけるバイオフィードバックセラピスト・心理セラピストとして勤務して頂きます(非常勤)。関連医療機関でのセッションも担当できます。

・当施設では、バイオフィードバックはクライエントの数が多いため、いくつかのメリットがあります。興味のある方はお問い合わせ下さい。

・バイオフィードバックについてホームページのコンセプト, バイオフィードバックをご覧下さい。

・研修の進み具合に応じて、通常半年後から、各自セッション(下記)を行いながらの研修になります。

<バイオフィードバック及び心理セッション>
・月曜日~土曜日 10:00-19:00 のうち、部屋の空きとセラピストの都合により、調整します。
・行って頂くセッションの種類、時間、価格などは力量や経験によって異なります。
・セッション価格の7割(現時点)が手当となります(交通費を含む)。
 (例:1hr,6000円ならそのうち4200円が手当)

 

<おもな条件>

・上記日程のうち、半分以上参加できる方を優先しますが、曜日時間は相談に応じます。

・蓮が開催している心身医学レクチャーに参加(土曜日、2ヶ月に1回程度、10:00-15:00)。

・スタッフミーティングへの参加(月曜日、2ヶ月に1回、18時から行います。)。

・土曜日のケースのアシスタント(月に1-2回程度、クライエントへの応対・記録など、研修を兼ねる)については、研修手当として、原則として1ケースにつき1300円 (交通費を含む)支給。

・平日(上記)に関連病院で週1~2日、ケースのアシスタント、陪席。

・心療内科、心身医学的アプローチ、「からだ」の視点を用いた心理療法に関心があり、下記のHPをご覧になって内容に興味がもてる方。
・心理系の院生・研究生、心理士、代替医療のセラピスト、コメディカルスタッフなどの方で、セラピストの視点に立てる方。
・臨床心理士、各種セラピストなどの資格があればベターですが、意欲があれば力量・知識・経験などは問いません。

 

2) 登録ボディーワークセラピスト

リラクセーションスペース蓮でご予約が入った時に、ボディーワークを行う、登録セラピストの候補生を募集します。

実施場所:リラクセーションスペース蓮

勤務日・条件:月曜日日~金曜日 10:00~18:00
       登録シフト制ですので、ライフスタイルに合わせて勤務できます
       関連医療機関からのクライエント(主に心身症)が主です
   ・セッション価格(自由設定)の7割が手当となります(現時点の比率、交通費を含む)。
    (例:1hr,6000円ならそのうち4200円が手当)

応募資格: ボディーワーク経験者(2年以上)
         リラクセーションスペース蓮のコンセプトをご理解いただける方

対象:
・蓮が開催している心身医学レクチャーに参加できる方
・2ヶ月に1度スタッフミーティングに参加できる方(通常月曜日18時から行います。3時間程度)
・心療内科、心身相関、心身医学的アプローチ、心理療法に関心がある方。
・初めの半年間~1年間は、バイオフィードバック・心理の研修生と共通の研修を受けて頂き、心身医学の基礎、心療内科における臨床的な基礎を習得して頂くのが望ましいです。

 

応募方法(共通)

応募希望者はお名前・連絡先・申し込み動機など記入の上、メールにてご連絡下さい。

*いずれも詳細、ご不明な点などはメールでお問い合わせください。

*ひとまず見学をしてから決めることも可能です。

*面談等にて選考させて頂きます。

セラピストの声

   リラクセーションスペース蓮
  MIND-BODY THINKING.COM-こころ・と・からだ・の対話-

 

21世紀統合医療フォーラム2009 

第三回 「21世紀統合医療フォーラム」 

心身医学と一人称のからだの出会い

 

統合医療フォーラムのお知らせです。

2009年12月5日(土)6日(日)

対象者:医療・看護・介護など対人援助に携わる専門家、ボディワーカー、臨床心理士、カウンセラーなど  (定員80名)

詳しいご案内・参加希望の方はこちらまで

 

共催: 関西大学文学部身体運動文化専修 

    日本トランスパーソナル心理学/精神医学会関西研究会    

第3回心身医学レクチャー

第3回心身医学レクチャーのご案内

日時:2008年9月20日(土) 10:30~12:00

今回は、心身症の病態に関係する、アレキシサイミア(失感情症)、
情動とストレス、についてお話しします。

~レクチャー内容~
○ アレキシサイミア(失感情症)

○ 情動とストレス

○ 心身症のメカニズム  

 

講師:神原憲治 (心療内科医, 医学博士, 関西医科大学心療内科学講座)

場所:リラクセーションスペース蓮
    大阪市都島区片町2-7-57シャンピア片町701号
受講料:3000円 (手作りのお菓子込み)
お申し込み方法:下記連絡先または担当セラピストへ
連絡先:(E-mail) mind@body-thinking.com

定員:10名
対象:治療者の視点に立てる方