世界内存在

ハイデッガーは人間を「世界内存在」と規定する。
世界内存在とは、すでにある世界の中に人間が住んでいる、という意味ではない。
そのような解釈は、地球とか宇宙とか、そういう世界がまず、客観的実体としてあって、その中に多種多様の人間が住んでいる、という考え方だが、この解釈は正しくない。

ハイデッガーの世界内存在とは
「世界の内にある、という在り方をしているものが人間だ」
ということで、言い換えれば、世界は人間(私)の構成分の一つであるということだ。

私の身体も、目の前の机も、家も周りの景色も、全てひっくるめたものが私だということである。
なぜなら、目の前の机は、子供時代からの思い出を全て含めて慣れ親しんだもの、として私には見えている。

そういう見え方をしている机というのは、私の世界だけにあるものだ。その意味で、そういう机は私の世界の一部であり、私という人間の一部と言っていいのである。ここで、机という客観的実体がまずあって、それに私が色々な思い出や意味を付与している、ということではないことに注意する必要がある。

客観的実体がまずある、という考え方は、仏教でいう「諸法無我」にも反する。
まず「在る」のはそういう見え方をしている机であり、客観的実体として考えられた机は、そういう見え方をしている机の上に、我々が作り出した幻影である。ここには、世界観のコペルニクス的転回がある。

この考え方は仏教の「三界唯一心 心外無別法」という世界観に近いもので、あらゆる現象を心の中の渦と眺めていくことにも連なってゆく。
心が世界を生み出す、ということは、私達の心が実体としての机や、実体としての地球を生み出す、ということではない。心が今までの心の歴史からそういう見え方の世界を生み出す、ということである。

ここに赤いリンゴが一つあるとする。それを”おいしそうなリンゴ”と見る人もあれば、”きれいなリンゴ”と見てスケッチする人もある。”毒でも入っているのでないか”と嫌な気持ちになる人もあるかもしれない。楽しい思い出を想起していい気分になる人もあるだろう。

リンゴは何も変わらない。同じリンゴであっても見る人によって全く違ったものに見える。
今の職場を”いい職場だ”と思って張り切って仕事をする人もある。”何と嫌な職場だ”と不平タラタラで仕事をする人もある。職場は同じだ。しかし、それを見る人の心が違うから、見え方は全く千差万別である。

同じものを見ても全く同じ見え方をするということはあり得ない。
それはその人それぞれの過去の行いが違うからだ。立場が違うと言ってもいいが、立場というのもその人の過去の行いが生み出したものである。
そういう意味でそれぞれの生きている世界は、その人が生み出したものと見ることができる。

ハイデッガーはそういう世界のあり方を”世界内存在”と言った。
未来の世界はその人が生み出すのだ。それを素晴らしいものにするのも、真っ暗なものにするのも、その人の心がけ次第ということになる。
 

生と死を考えるページ

MIND-BODY THINKING. COM
 −こころ・と・からだ・の対話−